大統領選前にプーチン批判の暴露本

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年3月1日
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

  プーチン首相の当選が確実な3月4日投票のロシア大統領選を前に、モスクワで活動する女性記者マーシャ・ゲッセンのプーチン批判本『顔のない男-ウラジーミル・プーチンの異例の台頭』(ペンギンブックス)が米国で発刊され、欧米で話題になっている。

 ロシア生まれのゲッセンは1980年代、両親とともに米国に移住。米大学を卒業し、90年代に記者としてロシアに戻ってきた。現在はモスクワのネットニュースの編集をしながら、欧米の新聞にロシア情勢を寄稿している。

 いまだに謎の多いプーチンの実像を紹介しながら、プーチン時代に起きた奇怪な事件を独自取材で解剖。最近の反プーチン集会までを網羅し、「事実は小説より奇なりという言葉は、このノンフィクションには過小評価だ」(ニューヨーク・タイムズ書評)と高い評価を得ている。本書がロシアで出版されるなら、色褪せてきたプーチンのカリスマはますます低落するだろう。

 本書はレニングラードの労働者の家に生まれ、不良少年で、KGB(旧ソ連国家保安委員会)の冴えない中佐だったプーチンが、いかにして最高権力者となったかを解き明かす。プーチンが2000年の大統領選前に出版したモノローグ『第一人者』を軸に、関係者の証言から同書には嘘が多いことを指摘する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順