中国自動車市場の急ブレーキ、「専門家の部屋」3本

執筆者:フォーサイト編集部 2012年3月2日

 本日の更新記事は、高村悟さんの「中国自動車市場の急ブレーキで何が起きるか」です。今年1月の自動車販売台数は、前年同月比26.4%減。中国の自動車市場に急ブレーキがかかりました。要因はガソリン価格の高騰や、インフラの未整備など。余剰生産力は日本市場に向かう可能性があります。

 「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。

 「仏大統領選展望・今度の『左翼』は手強いぞ」(ヨーロッパ、国末憲人さん):原子力に関しては、その是非を国民投票に問う方針を当初から堅持。ブレない姿勢が共感を呼び、「左翼戦線」の候補者・メランションが、仏大統領選で独自の地位を固めつつあります。

 「大統領選前にプーチン批判の暴露本」(ロシア、名越健郎さん):モスクワで活動する女性記者のプーチン批判本が米国で発刊され、欧米で話題になっています。1999年のアパート連続爆破事件や2006年のリトビネンコ暗殺事件とプーチンとの関係は?

 「インド人学生、中国で医師を目指す」(インド、山田剛さん): 印中関係の改善を背景に、中国は2004年からインド人医学生の受け入れを開始し、現在中国の医大・医学部に留学しているインド人学生は4000人以上。インドの医師不足解消に一役買いそうです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順