天皇と武家、官報複合体

執筆者:フォーサイト編集部 2012年3月5日

 本日の更新記事は2本。

 「国際人のための日本古代史(24)『天皇のブランド』を借りた武家の台頭」(関裕二さん):源氏や平氏は平安時代以降に臣籍降下しましたが、歴史をさかのぼれば、古墳時代にも天皇の末裔が地方にくだったことがありました。地方では王家の末裔は歓迎されることが多く、源氏や平氏もそのような風土の中、力を蓄えて行きました。

 「【ブックハンティング】調査報道へのこだわりから見えてくるジャーナリズムの未来」(渡辺靖さん):日本経済新聞出身のジャーナリスト・牧野洋さんの著書『官報複合体』を慶應大学の渡辺靖教授が評します。現在の日本のジャーナリズムの問題点、ジャーナリズムの未来を考える上で、非常に示唆に富む好著です。

 「専門家の部屋」では、「中国」に「中国の島嶼命名は魚の名前ばかり」(野嶋剛さん)の新エントリ。日本政府が各地の島嶼の名称を付けたことに対抗して、中国も尖閣諸島付近の島々の名称を決定しましたが、71の島々の名称のうち3分の1くらいは魚の名前。水産資源獲得のために領有権を訴えたいということなのでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順