仏大統領選展望・投票前の「もう一つの関門」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2012年3月5日
カテゴリ: 政治 国際
エリア: ヨーロッパ

 フランス大統領選では、第1回投票で有効投票の過半数を得る候補者が現れない限り、決選投票が実施される。この国に関心がある人なら、まず知っていることだ。では、この2回の投票に加えて「第3の選考」と呼ばれるもう一つの関門があるのをご存じだろうか。


 大統領選には、たとえ被選挙権があっても、誰でも立候補できるわけではない。届け出が受理されるためには、国会議員や地方議員、自治体首長ら500人の推薦署名を集めることが義務づけられている。個別のテーマを主張する弱小候補者、遊び半分のお騒がせ候補者らは、この関門の前に実際の立候補を阻まれてきた。


 ただ、フランスは日本のような市町村合併がない。自治体だらけで、署名する権限を持つ議員らも仏全土で約45000人いるといわれる。だから、まっとうな候補者なら、500人ぐらい簡単に集めることができるようにみえる。


 ここに落とし穴がある。署名は官報に掲載されるから、どの自治体議員がどの候補を支持したか、公表されてしまう。これがネックとなって、右翼「国民戦線」は毎度毎度、署名集めに苦労してきた。議員や首長で「右翼を支持した」とばれると、地域社会でも白い目で見られがちだ。嫌がらせを受ける例も報告されている。実際、現党首マリーヌ・ルペンの父で党の創設者ジャンマリー・ルペンは一九八一年、大統領選で500人の署名を集めることができず、立候補断念に追い込まれた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順