原発と司法

執筆者:フォーサイト編集部 2012年3月9日

 本日の更新記事は、塩谷喜雄さんの「原発と司法(上)『もんじゅ』高裁判決の意義と限界」です。2003年、「もんじゅ」の設置許可を無効とした名古屋高裁金沢支部の画期的判決までの道のりと、その後の最高裁の逆転判決。司法は原発にどのように向き合ってきたのでしょうか。

 「専門家の部屋」では、「インド」に「インド5州議会選、与党『敗北』で改革は減速するのか」の新エントリ。6日に開票されたインド5州の州議会選挙で、与党・国民会議派が敗北。外資規制緩和や財政再建など、経済改革のスローダウンが懸念されています。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順