危うい郵政論議、「専門家の部屋」3本

執筆者:フォーサイト編集部 2012年3月13日
カテゴリ: 金融

 本日の更新記事は、田中直毅さんの「経済の頭で考えたこと(47)あまりにも危うい国会の郵政論議」です。郵政民営化が現在の国会で論じられているような方向で進めば、郵政グループの内部相互補助システムは温存され、ゆうちょ、かんぽの経営リスクも切り離されません。日本国債最大保有者であるゆうちょ、かんぽのリスクは、即、日本の金融システム全体のリスクに直結します。

 「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。

 「ミャンマーを目指す『台商』たちの狙い」(東南アジア、樋泉克夫さん):1980年代から90年代前半にかけて台湾の企業家たちはミャンマー進出の動きを見せました。今は第2次ミャンマ・ーブームが起きつつあるともいえますが、その背景は同じではありません。

 「重慶市書記・薄熙来の会見を読み解く」(中国、野嶋剛さん):重慶市書記の薄熙来が、元公安局長の米国領事館駆け込み事件について、初の記者会見を開きました。日本で詳細は報じられていませんが、香港、台湾の報道を元に、事件の真相と今後の影響を分析します。

 「民間事故調報告……やはり最低の総理だった」(安全保障、柳澤協二さん):クラウゼヴィッツによれば、生起する事態に対処するのに必要なのはリーダーシップへの信頼、「戦場の霧」を克服する「将帥のアート」です。原発事故の際の菅首相の対応は、タイトルの通りでした。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順