インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

米財務省インテリジェンスが追う金融情報

春名幹男
執筆者:春名幹男 2012年3月15日
エリア: 中東 北米 朝鮮半島

 米財務省が指定暴力団山口組と篠田建市(通称・司忍)組長(70)およびナンバー2の弘道会会長高山清司被告(64)を経済制裁の対象に指定、米国内にある彼らの資産を凍結した、という2月23日のニュース。
 日本側では「なぜ今、ヤクザが」というのが一般的な反応だった。

「情報機関」として機能

 この措置を発表した米財務省の「テロ・金融情報局」(Office of Terrorism and Financial Intelligence=TFI)という組織の重要性を認識しなければ、米政府の狙いがなかなか理解できないかもしれない。
 実はこの局、国際金融、国内金融両局と並んで、それぞれに担当次官を置く、同省の3大部門の一つ。その傘下には、「テロ金融・金融犯罪部」と「情報分析部」の2部がある。
 そして最も重要なことは、この情報分析部(Office of Intelligence and Analysis=OIA)が全部で17機関ある米政府インテリジェンス・コミュニティの重要な一角を成し、れっきとした情報機関として機能しているという事実だ。OIAは04年の情報権限法に基づき設置された。
 そもそも同局は①違法な行為から金融システムを保護②ならず者国家、テロ組織、大量破壊兵器拡散組織、資金洗浄組織、麻薬組織などと戦う――ことが公式の主要任務。また、OIAの任務は①テロ組織、大量破壊兵器拡散組織などへの金融支援ネットワークに関する情報分析②経済・政治・安保に関するタイムリーな情報支援――とされている。
 OIA担当次官補、レスリー・アイアランド氏は2010年6月就任した。彼女はCIA長官補佐官など情報機関勤務25年のベテラン。直近は国家情報長官の下でイラン対策部長、さらにオバマ大統領に対する情報報告官を務めていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順