「モスクワは涙を信じない」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年3月16日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ロシア

 プーチン首相が約64%の得票で当選した3月4日のロシア大統領選は、ほぼ予想通りの展開となり、最大のサプライズは、支持者集会での勝利演説でプーチン氏が流した涙だった。

 マッチョなイメージで売るプーチン氏が公の場で涙を流したのは初めてだろう。中流層の反プーチン運動の高揚で追い詰められただけに、危機を脱した安堵感や今後への不安感など複雑な思いが交錯したようだ。

 エリツィン元大統領はしばしば涙を見せたが、強い指導者が大衆受けするロシアで、「涙もろい大統領」は政治的に好ましいとは言えない。プーチン氏のイメージを変えた落涙は、政治的運命にも影響するかもしれない。

 プーチン氏は演説で、「われわれは開かれた公正な戦いに勝ったのだ」と絶叫した。ステージに上がる前から涙が頬を伝わっていたようで、演説中はぬぐおうともしなかった。その後、「あの涙は何だったのか」との問いに、プーチン氏は「風が目にしみたのだ」と答えた。

「鉄の男」の異例の涙は、内外で話題を呼んだ。反プーチン運動の指導者でカリスマブロガーのアレクセイ・ナバリヌイ氏は、「ロシアをこのような国にしたことに、指導者は泣いて当然だ」と皮肉った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順