アウンサン・スーチーが語る“補選勝利後”の対中関係

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2012年3月21日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 4月1日のミャンマー補欠選挙での勝利を目指し、NLD(国民民主連盟)を率いて精力的に選挙運動を展開しているアウンサン・スーチーは、3月半ば過ぎに、ミャンマー東北部のラシオ(漢字で「臘戌」と綴る)に現われ、2万人の聴衆に向かって「NLDが勝利しても、ラシオの華人の企業活動に不都合を与えるようなことはない」と訴えている。

 ミャンマー中部に位置し、ほぼ華人の街と化した百万都市のマンダレーから、ラシオは東北へ直線で300キロほど。さらに東北に道を取ると、程なく中国との国境の街であるムセー(漢字で「木姐」と綴る)に到る。ムセーから国境を越え瑞麗、保山、大理を経れば雲南省の省都である昆明に通ずる。いわばミャンマー中部と中国西南を結ぶ要衝であるラシオは、歴史的には日本との因縁は深い。というのも重慶に逃げ込んだ蒋介石軍を背後から衝くべく、日本軍はマンダレー、メーミョーを通過しラシオを経て昆明を目指した。途中の騰沖、龍陵などの一帯では、鬼神も慟くと形容された激戦が展開されたのだ。  

 筆者は数年前、マンダレー経由で陸路ラシオに向かったが、沿道の土産物屋や食堂、はてはガソリンスタンドまで“公用語”は中国語だった。現地で話を聞くと1980年代は人口5万人程度だったラシオだが、90年代以降になると周辺山間部などからの人口流入により30万人を突破。その大部分は中国語を話す人々だ。彼らのルーツを辿ると明代辺境防衛に派遣された兵士、明代から清代への交代期に中国中央部から逃れてきた明朝遺臣(彼らは特に「果敢族」と呼ばれる)、19世紀半ばの清朝による弾圧から逃れた回教徒漢族、20世紀半ばの国共内戦に敗れた国民党残存勢力などの末裔であり、加えるに70年代末の改革・開放以降に移ってきた人々など、時代に違いはあれ、ミャンマー領内に定着した華人が多くを占める華人の都市であり、中国とミャンマー中西部とを結ぶ経済の中心として機能していた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順