唐か梁か――2日後に迫る香港行政長官選挙

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2012年3月23日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 中国・台湾

 香港行政長官選挙の投票は3月25日の午前9時から11時。どの候補も1200人の選挙委員(欠員7人。現在の選挙委員は1193人)の過半数を獲得できなかった場合、同日の午後2時から3時の間の第2回投票に持ち込まれる。ここでも過半数獲得する候補が現れなかった場合は、一定期間をおいた後、再び立候補を受け付け、5月6日に予定されている再選に持ち込まれる。ここでも同じように過半数を獲得する候補が現れなかった場合は……。

梁当選を示唆した温首相

 投票日直前の23、24日、香港では唐英年(ヘンリー・タン)、梁振英(C・Y・リョン)両候補を支持する各グループの集まりが開かれ、それぞれが投票に向かう最終態度を確認することになる。中国主導の返還作業を強力に支持し、返還後は中国ビジネスを積極的に展開してきた少壮企業家が中心の政党である自由党は22日、いち早く唐英年支持を打ち出した。

 3月7日、新聞は唐の私生児問題を蒸し返した。すると、直後に梁の黒社会との関係が報じられた。この報道に呼応するかのように、唐は黒社会から脅されたと公表する。梁と黒社会の関係を強く印象付けようとするネガティブキャンペーンだろうか。主要紙は誰が「江湖人物(その筋)」を選挙戦に参画させたのだなどと糾弾キャンペーンを張るが、これも情報攪乱戦ということだろう。折から北京で開催中だった両会(人民代表大会、政治協商会議)に出席した香港代表を前に、香港・マカオ問題の最高責任者である習近平が「君子の戦い」を求めたというが、どうやら長官選挙に関する限り、次期最高権力者の威光は香港までは届いてはいないようだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順