米国が対エジプト軍事援助を再開

池内恵
執筆者:池内恵 2012年3月24日

 米国政府が3月23日、昨年暮れから一時凍結されていたエジプトへの軍事・経済援助の再開を決めた。

http://news.yahoo.com/u-approves-egypt-military-aid-despite-rights-fears-164601981.html

 米国が1979年のエジプト・イスラエル平和条約締結以後にエジプトへ供与してきた軍事・経済援助は総額で400億ドルに上るとされ、近年は毎年およそ13億ドルの軍事援助と、2億5000万ドルの経済援助が供与される慣例になっている。エジプトの年間の軍事費支出は45億6000万ドルとされるが(2010年度)、そのうち25%程度を米国からの援助に依存していることになる。

 エジプト軍にとっては米国からの援助は「既得権」化し、依存の度合いも高い。米国が「エジプト軍の財布」を根本で押さえていることは、エジプトの内政への米国の影響力の経路となっている。反政府抗議行動に対して軍がそれほど強硬な弾圧を行わなかったのも、米国との密接な関係から抑制が働いたという要素が関係しているかもしれない。米国との関係に依存するエジプト軍の存在は、ムバーラク政権が崩壊しても、外交・軍事的にはそれほど大きな変化が起きないであろうとの予想が成り立つ大きな根拠だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順