「イスラエルの対イラン攻撃は来年初以降に延期」との報道

池内恵
執筆者:池内恵 2012年3月30日
カテゴリ: 金融

 3月29日に、イスラエルのリベラル系高級紙『ハアレツ』(英語・電子版)に、どうにも不思議な文体と内容の記事が掲載された。

http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/israel-s-plan-to-attack-iran-put-on-hold-until-next-year-at-the-earliest-1.421348

 「イスラエルの対イラン攻撃は早くとも来年初まで延期された」という題のこの記事によれば、米国の中央軍(ペルシア湾岸地域を管轄)のシミュレーションによって、イスラエルのイラン攻撃に対するイランのミサイルによる反撃で多数の米国人の死者が出ることが明らかになったため、少なくとも11月の米大統領選挙と次期大統領の就任の時期までは、対イラン攻撃が見送られることが決定的になったという。

 その代わりに米国はイスラエルのミサイル防衛システム「鉄のドーム」にさらに資金や技術を支援してイスラエルの防衛を強化する、という。それをイスラエルのバラク国防相も了承したという。

 それにしても何か人をおちょくったような文体の記事である。部外者を煙に巻くユダヤ・ジョークのようだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順