中国共産党との提携に踏みだしたタイ最大野党・民主党

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2012年4月5日

 薄熙来を追い落とし、香港では梁振英が行政長官に当選し、なにやら優位に展開する権力闘争の余勢を駆ってか、3月末から4月初旬にかけて、胡錦濤主席派の3首脳は派手に東南アジア外交を展開する。

 3月31日、ASEANサミット(開催は4月3、4日)目前のカンボジアの首都プノンペンに乗り込んだ胡錦濤主席は、フン・セン首相と会談し、両国の戦略的協力関係を確認すると同時に、17年までの5年間に両国貿易総額を現在の2倍の50億ドル規模に拡大することで合意した。その際、胡主席はASEANサミット議長を務めるフン・セン首相に、南シナ海問題について2国間協議を基本方針とする中国の立場を強調し、多国間協議を掲げる他のASEAN関係諸国を牽制した。

 4月1日、温家宝首相は3回目の訪中となるマレーシアのナジブ首相を、いまや中国の東南アジア進出最重要拠点となった広西チワン族自治区最大の都市・南寧に迎え、両国が同自治区の欽州で2011年8月から共同開発を進めている工業団地の中馬欽州産業園(55平方キロ)の共同開発調印式と創業式典に臨んだ。これまで中国が外国政府と共同開発した工業団地にはシンガポール政府との間の蘇州工業園区、天津生態城(エコシティー)の2カ所があり、中馬欽州産業園は3番目に当る。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順