経済の頭で考えたこと
経済の頭で考えたこと(48)

「南米の盟主」に成り切れないブラジルの憂鬱

田中直毅
執筆者:田中直毅 2012年4月11日
エリア: 中南米

 南米大陸に地政学が生きていることを今回の訪問で初めて知った。南極に向って突き出たチリの先端から太平洋岸に沿って北上するようにアンデス山脈がパナマ地峡まで伸びている。太平洋岸のチリ、ペルー、エクアドル、コロンビアまで火山山脈と褶曲(しゅうきょく)山脈の2本線が伸びる。そしてコロンビアでは馬の背が3つになり、褶曲山脈は2つに割れてカリブ海に向うが、火山山脈はパナマまで伸びる。
 南米大陸を横に区切るのはアマゾン川だ。ペルー、エクアドル、コロンビアの山地の水がアマゾン川に合流して、ブラジルで巨大な盆地をつくり大西洋に流れ込む。このためアマゾン川は周辺を結びつける効果はもたず、太平洋岸沿いの国からすれば、アマゾンの密林はブラジルとの関係を遮断するものであった。彼らの表現を借りれば、「ブラジルは遠い」ということになる。
 そして、環太平洋の経済統合過程は間違いなくアンデス山脈沿いの各地を洗っているのだ。このことを最も意識しているのはコロンビアといってよいだろう。チリとペルーはすでに環太平洋経済連携協定(TPP)加盟の第1陣、第2陣を構成しているが、コロンビアは次の段階でTPP加盟の機会を窺っている。ここではBRICSの一翼を担っているブラジルの吸引力は決して強くない。コロンビアで対外経済政策が論じられるときには、域外からの投資の受け入れに当って、「ブラジル・コスト」の呼称があるブラジルの非効率性との対比で自らの魅力度を語るという手法まで存在するのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
田中直毅
田中直毅 国際公共政策研究センター理事長。1945年生れ。国民経済研究協会主任研究員を経て、84年より本格的に評論活動を始める。専門は国際政治・経済。2007年4月から現職。政府審議会委員を多数歴任。著書に『最後の十年 日本経済の構想』(日本経済新聞社)、『マネーが止まった』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順