またまた訪中したタイのシリントーン王女

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2012年4月10日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 タイのシリントーン王女が、またまた訪中した。彼女の訪中は1980年代初頭の初訪中以来、すでに30回を超え、訪問先は中国全土に及んでいる。平均して1週間前後の日程だが、語学研修のために北京に1カ月以上滞在したこともある。おそらく世界中の王族の中で彼女ほどの訪中歴を持つ者はいないだろう。さほどまでに彼女が中国に“入れ込む”のは何のためか。単なる儀礼だけでは済まされないだろう。

 4月5日、彼女を北京の釣魚台国賓館に迎えたのは、薄熙来の失脚が明らかとなって以来、権力闘争で旗色の悪い習近平副主席だった。胡錦濤主席、温家宝首相、李克強副首相――胡錦濤派(団派)の3首脳の派手な外交攻勢に較べて地味ではあるが、単なる外交儀礼的な日程消化ではなさそうだ。

 両者の会談において、習近平は「中タイ両国は緊密な関係にある隣国であり、両国関係は素晴らしい勢いで発展している。双方の高いレベル、あるいは各界各層での交流は頻繁に行なわれており、親密の度をますます深めている。昨年12月にタイを公式訪問した際も『中泰一家親(中タイ両国は同じ家族のように親しい)』の感を強くした。現在の両国の親密な関係は、タイ国王の関心と支持とは切り離せない。我われが重視するタイ王室との篤い友誼は両国発展にとってかけがえない原動力である」と語った後、「シリントーン王女は中国の言語と文化に対し一貫して深い関心を抱き、タイ国民に歴史文化に加え発展変化する中国の姿を一貫して積極的に紹介し、両国国民の間の相互理解と友誼増進に極めて重要な役割を果たし、まさに中国にとって『人民友好の使者』であり『十大国際友人』そのものである」と、王女の中国に対する日々の積極姿勢を讃えている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順