ミャンマー改革、第2段階へ

執筆者:深沢淳一 2012年4月16日
カテゴリ: 国際 金融
スー・チー氏が率いるNLDは補選でUSDPを圧倒(c)AFP=時事
スー・チー氏が率いるNLDは補選でUSDPを圧倒(c)AFP=時事

 ミャンマーは今、1年で最も暑い時期を迎えている。ヤンゴンの最高気温は日中、40度近くまで上がり、街角の野良犬も、木陰でつらそうに息をしている有り様だ。外出が苦痛になる酷暑にもかかわらず、その日、国民民主連盟(NLD)の本部前は赤いTシャツを着た人々が道路を埋め尽くし、汗だくになりながら、深夜まで選挙勝利の歓喜に酔いしれた。  4月1日に行なわれた議会補選で、アウン・サン・スー・チー氏が率いるNLDは、擁立した44人の候補者のうち、スー・チー氏を含む43人が当選した。補選は下院37、上院6、地方議会2の計45議席を対象に行なわれ、17党から168人が立候補した。NLDは実に95%の補選議席を獲得したことになる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top