ミャンマー改革の行方

執筆者:フォーサイト編集部 2012年4月16日

 本日の更新記事は、深沢淳一さんの「ミャンマー改革、第2段階へ」です。先のミャンマー議会補選で圧勝したアウン・サン・スー・チー氏率いるNLD。今後は、国民和解の実現と経済発展という課題への取り組みが求められます。

 「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。

 「薄煕来に致命傷を与えた谷開来という女性の闇」(中国、野嶋剛さん):全人代で釈明会見をやっている薄煕来氏に電話をしてきて、「私と息子は無実だと言いなさい」と命じた――。殺人容疑に問われている「妻」はどんな女性だったのでしょうか。

 「韓国総選挙、開けてみれば与党が過半数」(朝鮮半島、平井久志さん):事前の劣勢予想を覆して過半数を獲得した与党・セヌリ党ですが、20代から40代の支持率で野党に大きく後れをとっており、大統領選勝利のためにはまだまだ高いハードルが待ち受けます。

 「インパクトがあったザルダリ大統領のインド初訪問」(インド、山田剛さん):過去4年間、全く精彩を欠いていたパキスタンのザルダリ大統領。インド訪問を断行することで、過激派や軍部に断固たるメッセージを送りました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順