饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(167)

2種類の日本酒でもてなされたキャメロン英首相

西川恵
執筆者:西川恵 2012年4月18日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ヨーロッパ 日本
キャメロン首相(左)のためにいつもと違う日本酒を用意した野田首相(c)AFP=時事
キャメロン首相(左)のためにいつもと違う日本酒を用意した野田首相(c)AFP=時事

 キャメロン英首相が4月10、11日、来日した。英首相の来日は主要国首脳会議(G8サミット)を除けば2003年のブレア首相以来。日英両国関係の再始動という意味合いがこの訪問にはあった。  キャメロン首相は10日、皇居・宮殿に赴き、天皇陛下と会見した。天皇陛下は心臓手術後の療養からこの日、公務に復帰したばかり。同首相が天皇陛下と会う最初の外国首脳となったのには、日本側の計算もあったと思われる。  天皇、皇后両陛下は5月に英国で行なわれるエリザベス女王即位60周年の関連行事に出席する予定で、これを念頭に置いたのだろう。同首相は「お会いできれば嬉しい」とのエリザベス女王のメッセージを伝え、天皇陛下は「お心遣いに感謝します」と応じた。

「和」でまとめられた歓迎メニュー

 その夜、英首相の歓迎夕食会が官邸で開かれた。メニューは次のようなものだった。

 旬菜(葉牛蒡煮浸し、鮑柔煮、峰岡チーズ豆腐、帆立貝、生ハム巻)
 蒸し物(蛤のスープ蒸し)
 焼物(伊勢海老木ノ芽焼)
 煮物(豚角煮、筍、新馬鈴薯、菜種)
 止肴(江戸前天婦羅、海老、小柱磯辺揚、グリーンアスパラ、タラの芽)
 食事(寿司盛り合せ、鯛、鮪中トロ、海老、縞鯵)
 止椀(赤だし)
 デザート(静岡メロン、苺)  
 これに合わせた飲物である。
 アルガブランカ イセハラ 2010年
 シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2001年
 清酒 醸し人九平次
 清酒 和く輪く 

 興味深いのは、料理、飲物とも「和」でまとめられていることだ。料理について官邸は事前に訪問国の大使館に、「洋食」「和洋折衷」「和食」のいずれを希望するか打診する。キャメロン首相は和食を希望した訳で、メインも握り寿司。同首相は日本料理が好きなのだろう。
 さてワイン。白の「アルガブランカ イセハラ」、赤の「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー」のいずれも数々の国際的な賞に輝き、現在の日本ワインでは最高レベルにある。年代も2010年はキャメロン氏が首相に就いた年、2001年は下院議員に初当選した年である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順