空前の訪中ラッシュでいよいよ“緊密化”する中タイ関係

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2012年4月18日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 タイの最近の中国との接近ぶりは異様としか思えない。3月半ばに最大野党である民主党代表団が訪中し、共産党との提携に道を開き、4月初旬には国王に次ぐ国民的敬愛を受けているシリントーン王女が北京を訪れ、習近平副主席と会談している。これに加え4月17日から19日までは温家宝首相の要請に応じインラック首相一行が公式訪問し、25日から28日までは国防次官を代表とするタイ国軍制服組幹部代表団が人民解放軍との話し合いのために訪中――ここ1カ月ほどの間に野党、王室、政府(+経済界)、国軍と続く。両国外交史からみても、絶後とはいわないまでも、空前の訪中ラッシュであることは間違いなさそうだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫 愛知県立大学名誉教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top