重慶事件を暴いたウエブサイトにハッカー攻撃

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2012年4月22日

 薄熙来の失脚の引き金となった重慶事件。特に、王立軍が公安局長を外され、米総領事館に駆け込み、その背後には薄熙来とその妻・谷開来の腐敗などについて、多くの情報を先んじて報じてきたウエブサイト「博訊」(http://news.boxun.com/)が、激しいハッカー攻撃にあって、閉鎖の危機を迎えているという。

博訊サイドでは、中国の安全部門の指示を受けたハッカーグループによる意図的な攻撃に間違いないと訴えている。

博訊は、米国に本拠を置くニュースサイトで、2000年に中国の民主化を求める理念を掲げてスタートした。海外の中国関連のニュースを流すサイトのなかでは最も活発なものの一つ。

博訊は、もともとname.comというドメインに入っていたが、ドメイン会社の方に「博訊」を置いておけば、ドメインの運営が維持できないようなハッカー攻撃を仕掛ける、という脅迫のメールが届いたほか、博訊に対して様々なハッカー攻撃がすでに始まっているという。先週、博訊が、enom.comという別のドメインに移転したあとも攻撃は続き、enom.com側から早急にウエブサイトをほかに移すよう求められているという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順