仏大統領選「国民戦線」支持票はどこへ向かうか

渡邊啓貴
執筆者:渡邊啓貴 2012年4月24日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ

 4月22日夜8時、フランス大統領選挙第1回投票の出口調査報告が各局で一斉に流された。オランド社会党候補が28.63%の支持率を得てトップに立ち、サルコジUMP(民衆運動連合)大統領候補は27.18%で2位、追う形となった。この両者で5月6日に第2回目の決戦投票が行なわれる。現役大統領が首位を譲ったのは、1965年に大統領選挙が国民投票2回形式で行なわれるようになって初めてのことである。

 以下、極右・国民戦線(FN)マリーヌ・ルペン候補の得票率が17.9%、元社会党の有力政治家で「左翼党」代表、共産党との共同戦線「左翼戦線」のメランション候補が11.11%、中道派「民主運動」MoDemバイルー候補の9.13%と続いた。立候補者10人のうちの5人が、9%以上の票を獲得したことになる。昨年秋ごろまでは左派の大勢へのキャスティングボートを握るといわれていた環境派「欧州環境・緑」エバ・ジョリ候補は2.31%にとどまった。

 世論調査で第2回投票では10%の大差で勝利が予測されるオランド候補は同日夜、「5月6日には立派な勝利を」と第2回投票で取りこぼしのないように支持者を引き締めた。他方で、サルコジ候補は翌日「(婦女暴行事件で逮捕された)ストラス・カーンを大統領に就任させようと望んだ社会党の精神的な体質を私は拒絶する」と語り、同時に治安・社会秩序の維持、そして貧困層の救済の重要性を力説した。いずれもFNの支持者受けする主張である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡邊啓貴
渡邊啓貴 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。1954年生れ。パリ第一大学大学院博士課程修了、パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授、シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、在仏日本大使館広報文化担当公使(2008-10)を経て現在に至る。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房)、『フランス現代史』(中公新書)、『ポスト帝国』(駿河台出版社)、『米欧同盟の協調と対立』『ヨーロッパ国際関係史』(ともに有斐閣)『シャルル・ドゴ-ル』(慶應義塾大学出版会)『フランス文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店)『現代フランス 「栄光の時代」の終焉 欧州への活路』(岩波書店)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順