中露合同演習の疑心暗鬼

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年4月28日
カテゴリ: 政治 国際
エリア: ロシア 中国・台湾

 4月末に黄海で6日間実施された中露の合同軍事演習「海上協力2012」は、米軍のアジア太平洋重視戦略に対抗する狙いがあった。しかし、中露間の相互不信も増幅しつつあり、一枚岩とはいかないようだ。

 演習には、中国艦船18隻、ロシア艦船7隻が参加。航空機迎撃演習や対潜水艦攻撃訓練も行なわれた。米国の空母機動艦隊や潜水艦を拡充する海上自衛隊を想定した訓練とみられる。演習地域は、米韓両軍が北朝鮮をにらんで共同訓練をする海域に近く、米韓両軍の連携に対抗する目的もある。

 だが、中国初の空母ワリャーグは参加せず、噂された両国艦隊の対馬海峡通過はなかった。海上補給や救難訓練、海賊からの人質救出など防衛的な側面もあった。

 中国海軍幹部はタス通信に対し、「演習は22日に始まったのに、ロシアの艦船は21日にやっと青島に到着した。短期間では、乗員は与えられた課題をこなすのは難しい」と不満を述べていた。演習は、合同司令部も設置されず、相互の独自演習の色彩が強かった。

 演習実現までには曲折もあった。中露の合同軍事演習は2005年に始まり、隔年実施を原則に07年、09年と続いたが、昨年は行なわれなかった。演習場所などをめぐり合意できなかったためだ。今回の演習規模も、計70隻が参加し、陸空両軍も加わった05年の演習より縮小している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順