決戦まで3日 フランス大統領選、最後の戦い

渡邊啓貴
執筆者:渡邊啓貴 2012年5月4日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ

 5月1日メーデーの日、大統領選挙第2回目投票を5日後に控えたパリでは、左右それぞれの支持者の集会があちこちで開かれた。翌日2日の夜にはサルコジ大統領・民衆運動連合(UMP)候補とオランド社会党候補の直接対決のテレビ討論会が実施された。

 そして、その翌日3日夕方、第1回投票で9%の支持率を得ていた中道派(民主運動MoDem)のバイルー候補が第2回投票に臨む姿勢を発表した。

 投票まであと3日、低調と伝えられた今回のフランス大統領選挙であったが、最後の局面で大きな盛り上がりを見せている。

 1日午前中には、極右国民戦線(FN)がパリ・オペラ座近くのピラミッド広場で、百年戦争の敗北からフランスを救ったジャンヌ・ダルク像に献花し、オペラ広場まで行進。毎年恒例となったこの行事の後、マリーヌ・ルペン党首が広場で演説した。FNの関心はもはや大統領選挙にはない。オペラ広場は私が予想していたほどの人ではなく、広場の半分しか埋まっていなかった。この集会に力点が置かれていないことは明らかだった。そのぶん、政党としての組織化が進んでいる証拠でもあるのであろう。

 マリーヌも6月に予定される下院議員選挙で、これまでで最大だった35を上回る議席の獲得を目指して、支持者を鼓舞する内容の演説を力強く行なった。第1回投票で、結党以来最高の約18%の得票率を記録したのであるから、自ずと勢いがある。オペラ座を背景に設営された壇上で、「私は日曜日(大統領選挙第2回投票)には白票を投じ、6月(下院選挙)にはマリーン・ブルー(マリーン・ブルーは党旗の色で彼女の名前と掛詞になっている)を投じます」とマリーヌは断言し、第2回投票ではそれぞれの考えで自由に投票するように支持者に促した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡邊啓貴
渡邊啓貴 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。1954年生れ。パリ第一大学大学院博士課程修了、パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授、シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、在仏日本大使館広報文化担当公使(2008-10)を経て現在に至る。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房)、『フランス現代史』(中公新書)、『ポスト帝国』(駿河台出版社)、『米欧同盟の協調と対立』『ヨーロッパ国際関係史』(ともに有斐閣)『シャルル・ドゴ-ル』(慶應義塾大学出版会)『フランス文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店)『現代フランス 「栄光の時代」の終焉 欧州への活路』(岩波書店)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順