高速バス体験記

執筆者:フォーサイト編集部 2012年5月10日

 本日の更新記事は、2本。

 「フランス新政権『ミッテラン流』は通用するか」(渡邊啓貴さん):ミッテランの薫陶を受けた「普通の大統領」オランド氏が、フランス次期大統領に決定しました。その課題を展望します。

 「クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか? 私の高速バス体験記」(徳岡孝夫さん):徳岡さんの語る高速バス体験記は、30年以上前のフィレンツェ―パリ間。安い労働力を求める図式は、イタリアも日本も同じということでしょうか。

 「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「共和党穏健派の重鎮『ルーガー上院議員』敗北の衝撃」の新エントリ。共和党穏健派の重鎮・ルーガー上院議員が、茶会党勢力の攻勢を受け、予備選挙でまさかの敗北。超党派主義の同氏の引退で、連邦議会の党派対立が一層激しさを増すことは必至。ロムニーの戦略にも影響を与えそうです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順