饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(168)

フランスに誕生する「事実婚」で「キャリアウーマン」のファーストレディー

西川恵
執筆者:西川恵 2012年5月11日
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 フランス大統領官邸エリゼ宮の新たな主にフランソワ・オランド氏(57)が決まった。パートナーであるジャーナリスト、バレリー・トリルベレールさん(47)との関係を含め、どのようなスタイルをエリゼ宮に築くのか興味深い。

オランド氏の勝利を喜ぶワイン業界

エリゼ宮の主となるオランド氏(左)とバレリーさん(c)EPA=時事
エリゼ宮の主となるオランド氏(左)とバレリーさん(c)EPA=時事

 あまり知られていないが、党派を超えてオランド氏の大統領就任を喜んでいるのはフランスのワイン業界である。というのはここ2代続けてワインを嗜まない大統領だったからだ。  シラク大統領(1995-2007年)はビール、日本酒党。農業大臣をしたこともあってワイン業界は重要な支持層だったが、エリゼ宮の饗宴ではワインにほとんど口をつけなかった。 「飲めない訳ではないがワインが好きではなかった」シラク大統領に対して、「アルコールがまったくダメ」だったのがサルコジ大統領(07年-12年)だ。  同大統領の指南役でもあったバラデュール元首相はサルコジ氏が大統領に当選した直後、「フランス大統領はワインが飲めなければだめだ」と努力するように 言ったが、耳を貸さなかったという。この話を私はボルドー地方のワイン業界団体の幹部から聞いた。「フランスワインの最高の広告塔であるべき大統領がワイ ンを飲まないのは失望以外の何物でもない」とこの幹部は嘆いた。  オランド氏は量は飲まないが、料理と共にやるのが好きだ。好物は肉のカルパッチョ、牛肉の煮込みなど、どっしりしたもので、また歴代大統領がそうだったようにチョコレートに目がない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順