オバマ大統領「同性婚容認」の政治的計算

足立正彦
執筆者:足立正彦 2012年5月11日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 今月9日、オバマ大統領は米ABCニュースとのインタビューの中で、同性同士のカップルが結婚できることを支持するとの考えを個人的見解として明らかにした。オバマ大統領は、2004年にイリノイ州選出の連邦上院議員選挙に出馬した当時、結婚は男女間の神聖なものというのが自らの宗教的信条であるとの見解を示していた。また、2008年大統領選挙キャンペーン当時も、民主党大統領候補として、同性同士のカップルにも結婚した夫婦と同等の法的権利が付与されるべきであるとの「シビル・ユニオン(“civil unions”)」に対しては支持する立場を明らかにしていたが、同性婚の容認にまでは踏み込んでおらず、当時は反対姿勢を示していた。

 オバマ大統領はこのような従来までの方針を転換し、同性婚を容認する初めての米国大統領となった。大統領選挙キャンペーンでリベラル派の支持を固めることができる一方、「接戦州(“swing states”)」などで保守層の猛反発を受けることが必至の「両刃の剣」で、非常に大きな政治的賭けと見られている。オバマ大統領は何故このタイミングで同性婚を容認する姿勢を明確にしたのであろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順