国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

米中「覇権の調整期」に起きた陳氏の逃避行

会田弘継
執筆者:会田弘継 2012年5月19日
エリア: 中国・台湾 北米
キャンベル国務次官補(右)とロック米駐中国大使(中央)に手を引かれる陳光誠氏(c)AFP=時事
キャンベル国務次官補(右)とロック米駐中国大使(中央)に手を引かれる陳光誠氏(c)AFP=時事

 逃避行は子細に世界に伝えられた。中国山東省の寒村の自宅に軟禁されていた盲目の人権活動家、陳光誠氏が4月22日、月のない夜を狙って脱出。南京からの支援者と落ち合い、車で500キロも離れた首都・北京まで運ばれた。支援者らは米国務省高官と連絡を取り、陳氏はアメリカ大使館に保護される。逃避行はまさにスパイ映画もどき。保護されるまでは米大使館の車と中国治安当局の車のカーチェイスまであった、と米紙「ニューヨーク・タイムズ」は経緯を報じた。 【A Car Chase, Secret Talks and Second Thoughts, The New York Times, May 2】  事件はクリントン国務長官ら閣僚が参加する北京での米中戦略対話を前にして起きた。世界は固唾を飲んで陳氏の運命を見守った。陳氏はいったん中国にとどまる意向を示し、脱出時のけがの治療に北京市内の病院に移った。だが家族らの身に危険が迫っているのを知って翻意し、米国行きの希望を携帯電話で米議会に直訴する。その顚末も世界のテレビに映し出され、最後はクリントン長官と戴秉国・国務委員の手打ちで米国行きが決まった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順