反体制派の分裂騒ぎで漁夫の利を得るアサド政権

執筆者:畑中美樹 2012年5月23日
カテゴリ: 政治 国際
エリア: 中東

 英BBCの報道によると、シリアの反体制派の中核的存在である「シリア国民評議会」のブルハン・ガリユーン代表は、5月15日、同代表の統率力に対する批判が高まっていることを受け、後継者が確定次第、辞任する用意のあることを明らかにした。同代表は「私は自身を分裂の根源とすることを許さない。また私は地位に固執していないので、コンセンサス、あるいは選挙によって新たな後継候補が決まれば辞任する」という声明を発表し、批判を受け辞任する考えを表明した。(http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-18106592

 シリア国内外の反体制派の活動家を取りまとめる「地域調整委員会」は、5月17日、ガリユーン代表の「シリア国民評議会」の代表としての任期がさらに3カ月間の延長となったことを、同評議会にとっての脅威としていた。また「地域調整委員会」は、「ガリユーン代表の政治的・組織的な失敗によりシリア国民評議会が革命の精神と要求からかけ離れてしまった」「国民評議会と革命運動の間にはコンセンサスが欠如している」と述べ不満を表明している。

 アサド大統領は反体制派の分裂を好機と捉えているようで、5月15日にはロシアのテレビ番組「ロシア24」で、「先般実施された議会選挙は我々が開始した改革の第一歩として極めて重要なもので、これはシリア国内外の人々にとって重要なメッセージとなった。国民は選挙を妨害したり、中止させようとしたテロリスト達の脅威を恐れておらず、選挙結果は国民が依然改革を支持していることを示している。我々は約1年前に国民はこの統治制度を支持していると言ったはずだ」と語り、今後の統治に自信を示した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
畑中美樹 1950年東京都生れ。慶應義塾大学経済学部卒業。富士銀行、中東経済研究所、国際経済研究所、国際開発センター エネルギー・環境室長などを経て現職。中東・北アフリカ地域で豊富な人的ネットワークを有する。著書に『石油地政学――中東とアメリカ』(中公新書ラクレ)、『オイルマネー』(講談社現代新書)、『中東湾岸ビジネス最新事情』(同友館)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順