重大なナゾ多きオウム事件では、インテリジェンス情報が死活的に必要だ

春名幹男
執筆者:春名幹男 2012年5月28日
エリア: 日本

 NHKが26、27日の2夜連続で放映した「未解決事件ファイル2-オウム真理教」を見た。NHKは麻原彰晃死刑囚の肉声が入ったテープ700本を新たに入手したほか、元信者や元捜査員らから貴重な証言を集めた。

 新事実がいくつも発掘された。熊本県波野村事件当時からオウム武装化を目指していたこと、長野・神奈川両県警捜査一課がサリン密造の実態に迫る捜査を行なっていたことなど、興味深く、迫力があった。だが、インテリジェンスの立場からは欲求不満が残った。

 オウム真理教の一連の事件、年末に出頭した平田信被告らのほかは、刑事事件としては「未解決事件」ではない。それでもあえてNHKがオウム真理教の一連の事件を「未解決」と銘打ったのは、未解決のナゾが多々残されているという意味である。

 サリン製造の専門知識の入手経路、国松孝次警察庁長官狙撃事件、村井秀夫幹部殺害の真相など、国家安全保障にかかわる重要事実はNHKの調査取材でも分からなかったのだろうか。

 そもそも、これら一連の事件は刑事捜査と並行して、インテリジェンス機関による情報工作も徹底的に行なうべきだった、というのが私の問題意識である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順