「グローバル・ナンバーワン」を目指す日産の野望

執筆者:新田賢吾 2012年5月28日
カテゴリ: 経済・ビジネス
低価格小型車ブランドとして「ダットサン」を復活させたゴーン氏(c)AFP=時事
低価格小型車ブランドとして「ダットサン」を復活させたゴーン氏(c)AFP=時事

 2012年3月期決算は日産自動車にとって歴史的な出来事になった。営業利益、最終利益でトヨタを抜き、国内自動車メーカーのトップに立ったからだ。1970年代以降トヨタに負け続けてきた歴史、経営破綻に直面し、格下にみていたフランスのルノーの支援を受けざるを得なかった屈辱の出来事を「完全に払拭した」(日産関係者)。だが、ルノー・日産グループのトップ、カルロス・ゴーン氏にとってここは通過点に過ぎないだろう。トヨタを販売台数で抜き去り、さらに米ゼネラル・モーターズ(GM)、ドイツのフォルクスワーゲングループを上回ることが次の目標になっているからだ。ルノー・日産はグローバル・ナンバーワンを目指し始めた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順