インテリジェンス音痴を露呈した中国スパイ騒ぎ

春名幹男
執筆者:春名幹男 2012年5月31日
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾

 「警視庁公安部が日本国内で諜報活動をしていたとみている」(読売新聞)と伝えられた在日中国大使館の李春光1等書記官。読売新聞のスクープを受けて日本の大手紙は1面トップなどで派手に彼の活動ぶりを伝えた。

 しかし、これまでに確認された彼の行動は、記事の大きさと比較して、あまりにも支離滅裂だ。

 最も滑稽なのは、外国人登録証明書を不正に使って銀行口座を開設したこと。

 身分をひそかに隠す高等なスパイなら、まずこんなお粗末な外国人登録法違反行為はやらない。

 李書記官が、報道のように中国人民解放軍参謀2部所属のスパイで、外交官ビザを持っていれば、「外交官カバー」の諜報員ということになる。つまり外交官になりすました軍所属のスパイだ。

 スパイは通常、①外交官②軍人③民間人―に化ける。このうち①は最もばれやすい。①が勤務するオフィスは大使館であり、常に公安警察等に監視されやすいからだ。逆に最も機密度の高いスパイは③だ。民間の企業・団体等に潜り込むため動向がつかみにくい。

 しかるに李1等書記官はなぜ外国人登録証を更新したのか。恐らく個人的な銀行口座を開設するためだったとみられている。その口座には、中国に進出しようとしていた日本の企業から毎月顧問料や報酬が振り込まれていたという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順