英語で戦うための心構え

執筆者:フォーサイト編集部 2012年6月5日

 本日の更新記事は、大野ゆり子さんの「行き先のない旅(90)ヨーロッパの『英語公用語化』問題」です。日本だけではなく、ヨーロッパの国々でも社内の公用語をどの言語にするのかは重大な問題。「第三者の言葉」として、英語の公用語化がうまく機能することもあります。また、劣等感を持たずに英語で戦うための心構えとは。

 「専門家の部屋」では「アメリカ」に「『ソリンドラ社破綻』でオバマを攻撃するロムニー」の新エントリ。5億ドル以上の融資を受けた末に破綻した太陽光パネル製造業ソリンドラ社。「オバマの失政」として、ロムニー側が追及を始めました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順