饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(169)

天皇陛下も出席した「英女王在位60年」午餐会の政治学

西川恵
執筆者:西川恵 2012年6月6日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 英国のエリザベス女王在位60年を祝う午餐会が5月18日、世界の君主を招いてロンドン郊外のウィンザー城で開かれた。天皇、皇后両陛下も出席したが、一見なごやかな“君主ファミリー”の集まりも国際政治や儀礼と無縁とはいかなかった。
 20世紀初頭、君主国家は約100カ国あった。しかし1世紀の間に革命や体制転換などで今は約30カ国(英女王を元首とする英連邦を除く)。このうち26人の君主と君主の代理の王族が出席した。英国との間にジブラルタル領有権問題を抱えるスペインのソフィア王妃は、直前に出席を取りやめた。
 出席した26人の君主・王族も、全員が英世論に温かく迎えられた訳ではなかった。英メディアの批判を浴びたのはバーレーンのハマド国王。昨年来、反体制派を武力で取り締まっており、英元外務次官は「国民を武力で弾圧するような君主を招くべきでない」と批判した。英外務省は「午餐会は政治的イベントではない」と弁明した。
 メディアが皮肉混じりに取り上げたのはアフリカ南部のスワジランドのムスワティ3世国王。13人いる妻のうち第3夫人を同伴した。「国民が貧しさにあえいでいるのに贅沢な暮らしをしている」と英紙は書いた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順