「麻薬国家」と呼ばれる国

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2012年6月15日
カテゴリ: 文化・歴史 国際 金融
エリア: 中南米 アフリカ

  西アフリカのギニア湾岸に位置する小国ギニアビサウの政治の行方が静かな注目を浴びている。残念ながら悪い意味での注目である。この小国は今、世界の捜査機関の間で「麻薬国家」と呼ばれているのだ。

 ギニアビサウの国土面積3万6125平方㌔は九州にほぼ等しく、人口154万7000人(2011年推計)は京都市よりやや多い。2010年の国内総生産(GDP)総額8億8000万㌦(約700億円)は、日本の小さな自治体の規模に過ぎない。国民の10人に7人は1日2ドル以下で生活している世界最貧国の一つだ。

元々はポルトガルの植民地であり、解放闘争の末に1973年独立を宣言した。独立後の歴史は複雑だが、ひと言で言えばクーデターの繰り返しである。この国では1994年に初の複数政党制による大統領選が実施されて以降、任期満了した大統領がいない。

 現状を理解するために過去3年間の政治の動きを簡単に記すと、2009年3月2日、ビエイラ大統領が国軍兵士らに射殺されるクーデターが発生した。暫定大統領による統治を経て大統領選が行われ、同年9月にサンハ元暫定大統領が大統領に就任した。

 だが、サンハ大統領は病気がちで、今年1月9日、入院先のフランス・パリの病院で病死した。ペレイラ国会議長が暫定大統領に就任し、3月の大統領選ではゴメス元首相が49%を獲得したが、わずかに過半数に届かなかったため、規定により上位2人による決選投票が4月29日に実施されることになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順