オバマ援軍「ビル・クリントン」の痛し痒し

足立正彦
執筆者:足立正彦 2012年6月18日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米
6月4日、資金集めパーティーで支持者に手を振る現・元米大統領 (C)EPA=時事
6月4日、資金集めパーティーで支持者に手を振る現・元米大統領 (C)EPA=時事

 ビル・クリントン元大統領がホワイトハウスを去ってからすでに11年以上が経った。だが、民主党支持者の間では未だに絶大な人気があり、自らもメディアから注目され続けることを好んでいる。そのため、クリントン元大統領については「ロックスター」という表現が頻繁に使われる。  そのクリントン元大統領が現職のバラク・オバマ大統領の再選キャンペーンを積極的に支援している。今回の大統領選挙キャンペーンでは存在が目立たないジョージ・W・ブッシュ前大統領とは全く対照的である。今月4日にニューヨーク市内で開かれた、ウォール街の投資家やセレブなどが集まった3つのイベントにクリントン元大統領とオバマ大統領の2人は姿を現し、一晩で350万ドル以上の政治資金を集めた。  だが、クリントン元大統領は心の赴くままに自由な発言や失言をする政治家としても知られている。オバマ陣営とは全く方向性の異なる発言をし、周囲を困惑させる出来事が最近相次いで起こった。

「ロムニーは立派な経営者」

 共和党大統領候補の指名を事実上獲得したミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事について、オバマ陣営は投資会社ベイン・キャピタルCEO当時の経営手腕を強く批判している。当時のロムニー氏は利益を最優先し、従業員の雇用や待遇などについては二の次に位置付けていた強欲な経営者だったという主張だ。
 ところが、クリントン元大統領はニューヨークでのオバマ再選の政治資金集めパーティーが行なわれた翌5日にCNNとのインタビューに応じ、ロムニー氏には「立派なビジネス・キャリア(“a sterling business career”)」があり、民主党はベイン・キャピタルなどの投資会社を悪者として捉えるべきではないという趣旨の発言を行なった。明らかにオバマ陣営のロムニー批判戦略と矛盾している。
 また、民主党が歴史的敗北を喫した2010年中間選挙直後のレイムダック会期でオバマ大統領は、その年の年末に失効することになっていたブッシュ大型減税を2年間延長することで議会共和党指導部と妥協した。そして、今年末に期限を迎えるそのブッシュ大型減税について、オバマ大統領は、年収25万ドル以上の世帯に対する減税措置はそのまま年末に失効させるべきとの立場。これに対し、クリントン氏は米国経済の減速の兆しが懸念されつつあるため、米議会は富裕層も含めてブッシュ大型減税を一時的に延長することで合意すべきとの見解を示したのだ。
 オバマ陣営の抗議を受け、後日、クリントン氏はブッシュ大型減税に関する発言について謝罪するニュースリリースを発表した。しかし、ジョン・ベイナー下院議長(オハイオ州第8区)は2人の見解の違いを見逃さず、「私は元大統領を支持する」と皮肉った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順