欧州の日本化、「専門家の部屋」3本

執筆者:フォーサイト編集部 2012年6月22日
カテゴリ: 金融

 本日の更新記事は、青柳尚志さんの「堕ちゆく世界の迷走(22)世界が感じ始めた『欧州の日本化』という現実」です。幸いにもギリシャの有権者は、ユーロ離脱の危険を冒すことを恐れ、現実主義の2党に過半数を与えました。とはいえ、事態がこれで一件落着となるわけではありません。ギリシャ経済の不振は変わらず、また、経済規模が大きいスペインやイタリアは、財政と金融の立て直し策を地道に実施していくほかありません。

 「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。

 「エジプトでは『投票より開票が重要』」(中東、池内恵さん):大統領選挙結果の発表が遅れているエジプト。ただならぬ緊迫感に包まれているようです。

 「華人企業家人脈で対中関係打開を狙うアキノ比大統領」(東南アジア、樋泉克夫さん):南シナ海をめぐり睨み合う中国とフィリピン。アキノ大統領は華人企業家人脈を使った対中関係打開を模索か。

 「加藤嘉一氏は南京大虐殺問題で『地雷』を踏んだか」(中国、野嶋剛さん):中国で評論家として最も名前が売れている日本人である加藤嘉一氏。南京大虐殺問題にからむ自らの発言で、強い批判を浴びています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順