再び脚光を浴びる「カジノ王」の巨額献金

足立正彦
執筆者:足立正彦 2012年6月22日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 2012年共和党大統領候補指名獲得争いが重要な局面を迎えていた南部初の予備選挙であったサウスカロライナ州予備選挙の直前、突如、メディアの脚光を浴びた1人の老人がいた。大富豪のシェルドン・アデルソンだ。

 アイオワ州党員集会では4位、ニューハンプシャー州予備選挙でも5位と惨敗して敗走を続けていたニュート・ギングリッチ元下院議長(ジョージア州第6区)は、自らの政治資金も枯渇し、極めて厳しい状況に追い込まれていた。そうした状況に置かれていたギングリッチを、政治資金面で救ったのがアデルソンであった。アデルソンはギングリッチを側面支援していたスーパー政治活動委員会(PAC)であるWinning Our Futureに対し、多額の政治献金を行なったのである。

 アデルソンの支援を受けたギングリッチのスーパーPACは、投資会社ベイン・キャピタルCEO時代にロムニーがいかに雇用よりも利益を重視する「強欲な経営者」であったかを描いた「King of Bain」と題するドキュメンタリーを製作する。サウスカロライナ州予備選挙キャンペーンでギングリッチ陣営は同ドキュメンタリーを繰り返し放映し、全米50州の中でも依然として高失業率に苦しむサウスカロライナ州で、ギングリッチは共和党系有権者の支持を取り付けた結果、ロムニーに圧倒的大差で勝利し、一矢を報いた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順