グローバル・ビジネスの新地政学
グローバル・ビジネスの新地政学(12)

欧州危機で景気低迷するインド経済の活路

執筆者:森山伸五 2012年6月29日

 インド景気の落ち込みが目を引いている。昨年度(2011年4月-12年3月)の成長率は6.5%と前年度の8.4%から急減速、とりわけ今年1-3月期は5.3%まで低下した。同四半期の工業生産はマイナス0.3%となった。景気悪化の最大の要因は言うまでもなく、ギリシャに端を発した欧州の債務危機だ。
 インドにとって欧州は国・地域別では最大の輸出先。10年の輸出実績でみれば英国向けの64億ドル(5100億円)、オランダ、ドイツ向けの各60億ドルなど欧州連合全体で輸出の15%以上を占めている。米国の10.4%、ASEAN向けの10.3%、中国向けの7.9%を大きく上回っている。欧州危機の影響で、中国や他のアジア諸国の景気に急ブレーキがかかっていることもインドには打撃となっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top