パラグアイの政変――米州関係の変化を照らす各国の対応

遅野井茂雄
執筆者:遅野井茂雄 2012年7月2日
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

「貧者の神父」としてパラグアイで初の左派政権を誕生させたフェルナンド・ルゴ大統領が、議会上院による弾劾決議を受けて6月22日に失職した。6月15日に起きた農場を不法占拠する農民と警察との衝突で、農民11名、警官6名が死亡した責任を主に問われる形で、前日の下院での手続き開始決定を受けて弾劾されたものだ。憲法に従い真正自由党のフェデリコ・フランコ副大統領が大統領に就任したが、大統領選挙を9カ月後に控えた内陸の小国パラグアイで起きた政変は、周辺諸国から「議会によるクーデター」と非難の声が上がり、新政権の承認問題に発展する事態となった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
遅野井茂雄 筑波大学大学院教授、人文社会系長。1952年松本市生れ。東京外国語大学卒。筑波大学大学院修士課程修了後、アジア経済研究所入所。ペルー問題研究所客員研究員、在ペルー日本国大使館1等書記官、アジア経済研究所主任調査研究員、南山大学教授を経て、2003年より現職。専門はラテンアメリカ政治・国際関係。主著に『21世紀ラテンアメリカの左派政権:虚像と実像』(編著)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top