「異例人事」「泥沼訴訟」サムスンに何が起こっているか

平井久志
執筆者:平井久志 2012年7月3日
エリア: 朝鮮半島
ナンバー2を更迭した李健熙会長 (C)EPA=時事
ナンバー2を更迭した李健熙会長 (C)EPA=時事

 韓国のサムスングループの2010年の売り上げは約260兆ウォン(約18兆円)。韓国の国内総生産(GDP)の約22%、国全体の輸出額の約24%を占める。同グループの株式時価総額は韓国の証券市場の約25%。韓国を代表するグローバル企業だ。  そのサムスングループが6月7日、グループの未来戦略室長に崔志成(チェ・ジソン)サムスン電子副会長を起用すると発表した。未来戦略室長というポストはサムスングループのトップ・李健熙(イ・ゴニ)会長に次ぐナンバー2の座だ。崔志成副会長の後任のサムスン電子最高経営責任者(CEO)には権五鉉(クォン・オヒョン)同電子副会長を内定した。  今回の人事は崔志成副会長をグループ全体の司令官にし、権五鉉副会長がグループの中核企業であるサムスン電子を総括するという2トップ体制にするものだ。  サムスングループ幹部の人事は年末が多く、6月にグループのナンバー2を交代させるのは異例だ。サムスン側は、金淳沢(キム・スンテク)未来戦略室長が健康上の理由で辞意を表明したためとするが、事実上の更迭との見方が強い。  この日は李健熙会長が1993年にフランクフルトで、グループの経営方針について「女房と子供以外はみんな取り替えろ」と宣言した「新経営宣言」から19周年の日であり、ナンバー2交代の人事は、李健熙会長のグループ経営転換のサインとの見方も出ている。韓国メディアは「第2の新経営」を予告する人事と報じた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順