メドベージェフ首相の奇怪なパフォーマンス

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年7月11日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ロシア

 改善しかけた日露関係に冷や水を浴びせたメドベージェフ・ロシア首相の3日の国後島訪問が、政治的復権を狙う同首相の個人的パフォーマンスであることは明らかだ。

 もともと択捉島を訪れる予定だったが、天候悪化で断念。天気が回復した国後島に急遽変更して1時間半駆け足で回った。ともかく北方領土に足を踏み入れたかっただろう。

 ロシアの有力な日本専門家は「メドベージェフは昨年9月、大統領ポストをプーチンに譲って以来、弱い指導者とみなされ、国民に軽蔑されている。誰も彼を相手にしない。何とか政治的復権をと躍起になり、一昨年の国後視察で評価が上がったことを思い出し、意味のないパフォーマンスをした」と酷評した。

 政治評論家のアレクセイ・マカルキン氏も「新プーチン体制下でエリート間の競争や闘争が激化する中、メドベージェフ首相は自らが巡り合わせの指導者ではなく、強い政治家であることをアピールしたかった」と分析した。

 島では「ロシア固有の土地であり、一寸たりとも渡さない。一寸でも渡す者は、嵐を呼ぶ」と述べたり、「神は三位一体を愛する」とロシア正教の聖典を引用し、3回目の訪問を示唆した。「一寸たりとも領土を渡さない」は、スターリンが1930年の第16回共産党大会報告で行なった演説から引用したグロテスクな表現だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順