クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

古都ダマスクスの記憶

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2012年7月12日
カテゴリ: 国際 政治 文化・歴史
エリア: 中東 日本

 生まれつき性根がひねくれているせいか、私は他人の失敗に立ち会うのが大好きである。  何かのイベントの開会式があって、何人かの偉い人が会場の入り口で長々と演説をする。やっと終わって、「それでは××先生に会場のテープカットをしていただきます」とアナウンスがある。  白い手袋をした綺麗な女の人が、鋏を載せたお盆を捧げ持って、しずしずと進み出る。  私はあの瞬間、司会者がテープをパイプと言い間違えないか、何回手に汗握って待ったことだろう。    思うに先生は政治家で、政治家には政治資金という得体の知れないカネがある。金銭的余裕は、男の浮気心を刺激する。小沢先生に倣って、隠し子の1人や2人いても不思議ではない。  しかし先生の奥様は、現代日本の空気を呼吸する女性である。権利意識が発達しているから、隠し子を許さない。先生の御家庭には狂瀾怒濤の波風が立つ。とどのつまり「お前がそんなに言うんなら、俺がパイプ・カットすればいいんだろ」と荒っぽい結論が出て、鋏が登場する。  イベント会場の入り口に立つ私の想像力は、1秒か2秒の間にそこまで飛躍する。だが悲しいかな、鋏を手にした先生がベルトを緩めズボンを脱ぎ出す現場を、いまだに見たことがない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順