キューバ民主化運動の指導者の死

遅野井茂雄
執筆者:遅野井茂雄 2012年7月26日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米 中南米

 2002年、社会主義キューバで憲法に基づき自由選挙等の請願を国会に提出した「バレラ計画」の指導者、オスワルド・パヤ氏が交通事故で死亡した。7月24日付スペインの有力紙エルパイスによると、22日、同氏は反体制派の活動家と、スペインとスウェーデンの政治家を乗せて運転中、ハバナから800キロ離れた東部グランマ郡で路を外れて木に激突、キューバ人活動家とともに死亡した(外国人2人は軽傷)。

 パヤ氏は1988年にキリスト教解放運動(MCL)を創設した、キューバで最初の反体制派活動家。1998年のヨハネ・パウロ2世の訪問を機に民主化運動に勢いがつく中で憲法改正を求める運動を展開、言論・結社の自由、自由選挙、経済活動の自由を問う国民投票の実施を求め、2002年3月、1万1000人の署名をもって請願を国会に提出した。この「バレラ計画」は、同年キューバを訪問したカーター元米大統領も支持するところとなり、また欧州議会からサハロフ賞を授与されるなど、キューバの民主化運動の高まりを世界に印象づけた。

 だが2年後キューバ政府は「99%の国民の署名」を集め、キューバ国会に請願を行ない、革命体制の変更禁止を憲法に明文化して、「計画」を棚上げとする。キューバ政府はさらに体制引き締めに転じ、03年3月には反体制派活動家を逮捕(「黒い春」)、アメリカと共謀し政権転覆を企てたとして4月、75人を実刑に処した。内、42名がMCLのメンバーであった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
遅野井茂雄
遅野井茂雄 筑波大学大学院教授、人文社会系長。1952年松本市生れ。東京外国語大学卒。筑波大学大学院修士課程修了後、アジア経済研究所入所。ペルー問題研究所客員研究員、在ペルー日本国大使館1等書記官、アジア経済研究所主任調査研究員、南山大学教授を経て、2003年より現職。専門はラテンアメリカ政治・国際関係。主著に『21世紀ラテンアメリカの左派政権:虚像と実像』(編著)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順