ロムニーのイスラエル訪問の意味――選挙戦略かネオコン外交の兆しか?

執筆者:渡部恒雄 2012年7月31日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 米共和党のロムニー候補は、自らの外交経験不足への批判を意識し、ロンドンオリンピックに合わせて、外交能力をアピールする外遊に出た。ロンドンから、ポーランド、イスラエルを訪問したが、やはり米国人の関心はイスラエル訪問である。イスラエルのネタニヤフ首相が核開発を継続するイランへの単独軍事行動の可能性を示唆しており、オバマ政権はイスラエルの単独行動を牽制している。また、ネタニヤフ首相はオバマ大統領を嫌っているといわれており、オバマ陣営としては今回のロムニーのイスラエル訪問が気になったはずだ。

 実はロムニー候補は、1970年代にボストンコンサルティンググループでネタニヤフ首相と一緒に仕事をしたことがある旧知の仲である。うがった見方をすれば、大統領選挙直前にイスラエルが単独軍事行動に出れば、「オクトーバーサプライズ」といわれる大統領選挙の流れを変える事件にもなりかねない。この2人の関係の近さも、オバマ側にとっては気になるポイントだっただろう。

 イスラエルを訪問したロムニー候補は、旧友ネタニヤフ首相の期待に応え、エルサレムでの演説で、「イランの核開発を止めるためには、どのような選択肢も排除すべきではない」という軍事力行使も容認する演説をした。実はこの姿勢は、オバマ政権の姿勢とそれほど大きく違わない。そもそもロムニー候補はライバルのオバマ政権の批判を避けるという方針で外遊をスタートさせたし、イスラエルのペレス大統領との会談では、オバマ政権のイラン政策は妥当なものだとも話している。しかし、それだけでは選挙民へのアピールにはならない。翌日の演説では、オバマ政権の外交的なイスラエルとの距離の遠さが、イスラエルにとって致命的な敵を活気づけることになる、という内容のオバマ批判も行なった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡部恒雄 わたなべ・つねお 東京財団上席研究員。1963年生れ。東北大学歯学部卒業後、歯科医師を経て米ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチで政治学修士号を取得。1996年より米戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員、2003年3月より同上級研究員として、日本の政党政治、外交政策、日米関係などの研究に携わる。05年に帰国し、三井物産戦略研究所を経て現職。著書に『「今のアメリカ」がわかる本』など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順