寛容の国に衝撃を与えた「ブルガリアの9・11」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2012年8月6日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の事務局長を務めるブルガリア人女性イリナ・ボコヴァ氏は、同国南西部の田舎、イスラム教徒が多数を占める村の家系の出身である。そこで、キリスト教徒とイスラム教徒は争いもなく、何世代も一緒に過ごしてきた。「子どもの頃から私にとって、イスラム教徒は兄弟のような存在でした」。2009年に彼女が事務局長に就任した際、こう話していたのを思い出す。

 正教やカトリックの社会の中にイスラム社会が点在するバルカン半島では、ボスニア・ヘルツェゴビナやコソボの例を挙げるまでもなく、宗教の枠組みがしばしば紛争に結びついた。その中で、ブルガリアでは8割あまりのブルガリア正教徒と1割あまりのイスラム教徒が穏やかな共存関係を維持してきた。それが、ブルガリアの大きな誇りであり、イスラエルとアラブ世界双方に対するバランスの取れた外交政策にもつながっていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員を経て、現在はGLOBE編集長、青山学院大学仏文科非常勤講師。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top