「サーレハ後」のイエメンはどうなっているか

池内恵
執筆者:池内恵 2012年8月8日

 シリアの内戦が緊迫し、アレッポへの包囲攻撃が国際的な関心を集めているが、今回は、あまり注目されることがないイエメンについて触れておきたい。イエメンでは現在重要で困難な政治プロセスが進む。独裁者とその親族・同族の取り巻きが支配する体制をどのように新体制に移行し民主化していくかという、シリアと共通の課題への取り組みをイエメンも行っている。また、過激派組織の掃討と、国家を私物化した同族支配の払拭を両立させる困難な試みという意味で、シリアが将来に直面する課題と(同じではないが)似通っている。

 BBCの国際ニュース放送も、番組ではアレッポ包囲戦に多くの時間を割いているが、ホームページを見てみると、専門家以外には見過ごされがちな情報をきちんと押さえている。「イエメンのハーディー大統領が軍の再構成に着手(Yemen's President Hadi restructures military)」という記事だ。
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-19166152

 記事の冒頭を訳してみよう(〔 〕内は池内の補足)。

「イエメンのアブドラッボ・マンスール・ハーディー大統領は軍の再構成を命じた。前任者〔大規模デモの圧力を受けて退任したサーレハ前大統領〕の権力を削ぐ目的のためと見られる。ハーディー大統領は共和国防衛隊の複数の部隊を、新設の大統領保護局に移す。アリー・アブドッラー・サーレハ前大統領の息子のアハマドが指揮する共和国防衛隊の他の部隊は、異なる軍管区の指揮下に置かれる」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順