迫る全国党大会 民主党の基調演説はヒスパニック系

足立正彦
執筆者:足立正彦 2012年8月9日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 共和党と民主党のそれぞれの全国党大会の開催日が迫ってきている。共和党は今月27日から4日間の日程でフロリダ州タンパで開催するが、今月6日、共和党全国委員会(RNC)組織委員会は全国党大会で演説を行なう有力政治家を発表した。コンドリーザ・ライス前国務長官やサウスカロライナ州のニッキ・ヘイリー知事やニューメキシコ州のスサーナ・マルチネス知事、「激戦州」であるオハイオ州のジョン・ケイシック知事やフロリダ州のリック・スコット知事、そして、マイク・ハッカビー前アーカンソー州知事や2008年共和党大統領候補のジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州)など多彩な顔ぶれだ。

 RNC組織委員会が発表した全国党大会での演説者は共和党副大統領候補の指名から除外されたのではないかとの見方を主要メディアが相次いで報じたため、共和党全国党大会最終日に同党の大統領候補指名受諾演説を行うことになっているミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事が全国党大会前に誰を副大統領候補に指名するのかという観点からも憶測を呼んでいる。RNC組織委員会は全国党大会での演説者を今後さらに公表することにしているが、大会初日に誰が基調演説を行なうかも未だ明らかにはされておらず、関心が高まっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順