クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

昔からの汚染と除染

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2012年8月21日
エリア: ヨーロッパ 北米

 マリ・キュリーは1867年、ポーランド(当時はロシア領)に生まれた。フランスに移り、1903年に、女性として初めてノーベル物理学賞を受け、さらに1911年にノーベル化学賞を受けた。これも初めての快挙だろう。1934年に白血病で亡くなった。66歳だった。    ノーベル賞と聞くと現代人は身近に感じるかもしれないが、明治維新の前年の生まれと知ると「へぇー、そんなに昔の人なの」と、一転して意外に思うだろう。  キュリー夫人授賞の最大の理由は、言うまでもなくラジウムの発見(1898年)であった。暗所で青白い光を放ち、同位体と放射性を持つ元素。それは、折から文学、美術、建築、音楽などの新しい波に洗われていた(やがて1914年の第1次世界大戦勃発によって吹っ飛ぶが)フランスのbelle epoque(美しく優雅な時代)に相応しい、華々しい発見だった。  目覚まし時計から口紅まで、ラジウムを使った新製品が、先を争って市場に出た。これまでは夜中に目が覚めれば、枕元のスタンドを点け、何時かを時計で見なければならなかった。ラジウムで文字盤の数字を塗った目覚まし時計なら、ちょっと持ち上げて見るだけで何時何分かが分った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順