中国のアフリカ進出に影を落とす「クイーンズウエイ88グループ」

白戸圭一

 7月19日に北京の人民大会堂で開かれた「中国アフリカ協力フォーラム」の第5回閣僚級会議で、中国の胡錦濤国家主席は今後3年間で総額200億ドルの融資をアフリカに供与すると表明し、日米欧などのドナーを驚かせた。
 2008年5月に日本政府が横浜で開催した「第4回アフリカ開発会議(TICAD4)」で、福田康夫首相(当時)が2012年までの4年間で供与を約束した円借款総額は40億ドルだった。今回の中国の援助がいかに巨額であるかが分かる。
 2011年版の『中国対外援助白書』を見ると、2009年までの中国の対外援助総額約2563億元(累計、約3兆1000億円)のうち、アフリカ向け援助は45.7%を占め、世界の地域別では「アジア向け」を凌いで最も多かった。中国がアフリカ支援にかける意気込みの強さがうかがえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順