“アジア経済の新星”ミャンマーの可能性と課題(上)

執筆者:深沢淳一 2012年8月30日

 目の前の光景に、キツネにつままれているような不思議な違和感を抱いた。アンコールワット遺跡観光の拠点として知られるカンボジア北西部のシエムレアプ。7月13日の夕暮れ時、クリントン米国務長官は旧知の友を出迎えるように、リゾートホテルでミャンマーのテイン・セイン大統領とにこやかに握手を交わし、記者団の撮影用に約5分間も親密に語り合った。プノンペンでの東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)に出席した長官は専用機でシエムレアプに飛び、大統領もミャンマーの首都ネピドーから特別機で駆けつけた。長官は「わざわざお越し頂いてありがとうございます」と謝意を述べ、こう続けた。「明日、貴国に米国を代表する企業団を派遣します」――。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順